本文へスキップ

TEL. 0952-34-2384

〒849-8501 佐賀県佐賀市鍋島5-1-1

入局案内

     

佐賀大学医学部附属病院は、西九州の中核を担う特定機能病院です。佐賀大学医学部眼科学講座は佐賀県の眼科医療の中心として、多くの患者様の治療に全力を注いでいます。 佐賀大学眼科の基本理念は、優秀な眼科臨床医の育成と広い視野をもつ眼科研究者の育成です。

眼科臨床医の育成


眼科は診療科の中で眼およびその付属器を診る唯一の科です。 ですから大学病院の診療は眼科領域のすべての疾患について、高い水準で診療することが求められます。佐賀大学眼科では各領域にスペシャリストを擁し、そのもとで研修医教育を行い、眼科疾患の診断、治療、手術について、広く理解し得る優れた眼科臨床医を育てていきます。
研修期間においてはgeneralistとしての研鑽を、その後は各々の専門分野の診断、治療、手術の研鑽を行います。
佐賀大学眼科は、最先端の医療に携わりながら幅広く眼科診療に対応できる能力を獲得できる研修施設であると考えます。

眼科研究者の育成


現在の眼科領域の診療技術、手術の進歩は著しく、ともすれば単一施設内の診断基準、手術適応にとらわれてしまいます。ですから常に外に目を向け、新しい治療概念や方法に耳を傾け自分のものにできる柔軟な姿勢が必要です。具体的には学会発表をとおして、あるいは論文による発表を通じて自分の考えを発信していくとともに第三者からの率直な批判を受け入れ、常に自己修正できる姿勢が必要です。佐賀大学眼科では若い眼科医には積極的に臨床研究、基礎研究に没頭する機会を与えていきたいと考えます。既成概念にとらわれない考え方は、将来診療へ還元できるからです。ですから国内外の施設との交流、留学については、本人の希望に前向きに対応します。

大学病院は効率性、経済性、過度の時間的拘束など負のイメージで語られることが多く、若い研修医の先生には敬遠されがちです。構造的な部分は大学自身の努力が必要ですが、同時に若い医師への負担軽減も講座医局内で考える必要があると思います。最も基本的な考え方ですが、佐賀大学眼科ではそれぞれの資質に応じた長所を伸ばすことを最優先に若い世代の医師を教育することで、講座の活性化を図るのが理想です。

佐賀大学眼科は眼科医として高い倫理観と科学者としての客観性をもつ講座医局員を育てていきたいと思います。チームとして協調しながら地域医療、ひいては眼科医療の発展に寄与できる講座を目指していきましょう。

他科からの転科を考えておられる先生も歓迎します。

問合せ先:医局長 中尾 功
電話番号:0952-34-2384
e-mail :




佐賀大学医学部眼科学講座・附属病院眼科

〒849-8501
佐賀県佐賀市鍋島5-1-1

TEL 0952-34-2384
FAX 0952-33-3696